本日の献立

2023年9月の記事一覧

9月29日(金)

 献立は、ツイストパン、ポテトとツナのオムレツ、豆まめサラダ、わかめとコーンのスープ、牛乳でした。9月の給食が終わりました。今日は19日の献立、「ゴーヤーの佃煮」のレシピを紹介します。

材料:にがうり50g、砂糖10g、しょうゆ10g、削り節4g、いりごま3g

作り方:1 にがうりは縦半分に切り、種とわたを取る。

    2 うす切りにして酢水で茹でて、水気をしぼる。

    3 鍋ににがうりと砂糖、しょうゆを入れ、火にかけて煮詰める。

    4 火を止めて、削り節とごまを混ぜてでき上がり。

      ※給食では砂糖でなく、中ざら糖を使いました。

9月28日(木)

 献立は、萩おこわ、レンコン入りつくね焼き、いものこ汁、青みかん、牛乳でした。明日29日は中秋の名月、十五夜です。枝豆やレンコン、里芋など季節の食材を使ってお月見こんだてです。食材や燃料の値上げ続きで給食会計も厳しいところです。大切に食べてもらえたらうれしいです。

9月27日(水)

 献立は、けんちんうどん、高野豆腐のパン粉揚げ、青みかん、牛乳でした。高野豆腐のパン粉揚げは初登場です。衣にはマヨネーズやチーズも使ってあり、表面がカリッとしてます。けんちんうどんのつゆに付けて食べるとまた違った食感が感じられる献立です。アレルギーのある人には米粉の衣を付けて揚げてあり、こちらはうどんつゆに付けると、揚げ出し豆腐のようになります。

9月26日(火)

 献立は、わかめごはん、鮭のきのこクリームソース、カシューナッツ和え、みそ汁(大根、さつまいも、油揚げ、ねぎ)、牛乳でした。9月も最終週となりましたが、今月の給食だよりに「まごわ(は)やさしい」日本の伝統食材のことを書きました。今日の献立でこれらの食材を使ったものを紹介します。「ま:豆や豆製品(みそ汁、油揚げ)」「ご:ごまやカシューナッツ」「わ:わかめ」「や:やさい」「さ:鮭などの魚介類」「し:しいたけなどのきのこ類」「い:いも類。みそ汁のさつまいも」

9月25日(月)

 献立は、もち麦ごはん、厚揚げ麻婆、磯辺和え、キウイ、牛乳でした。厚揚げ麻婆の厚揚げは、木綿豆腐を水切りしてから揚げたものです。豆腐と同じ形や三角形のものもあって煮物やおでんにも使われます。秋を感じるさわやかな天候になってきましたがまだ暑い日もあるようですし、インフルエンザや新型コロナウイルスも流行しています。よく食べて免疫力を高めましょう。

9月22日(金)

 献立は、コッペパン、ツナサラダ、あさりのチャウダー、梨、牛乳でした。今日の梨は「秋月」で加須市騎西産です。梨の生産量、出荷量は千葉県、茨城県が多いのですが埼玉県も生産量が多く、おなじみの幸水や豊水、大玉品種の彩玉など夏から秋にかけて地場産コーナーに並びます。余談ですが焼肉の下味付けにすりおろした梨を加えると肉が柔らかくなります。

9月21日(木)

 献立は、そぼろ丼、けんちん汁、ひみつのフルーツパンチ、牛乳でした。そぼろ丼のそぼろは、炒り卵や豚肉、にんじんがたっぷり入っています。たんぱく質やビタミンが豊富なので暑さ対策にも役立ちます。ひみつのフルーツパンチの「ひみつ」は、冬がんとサイダーです。冬がんは皮を暑くむいてから、茹でこぼしてシロップ漬けにしました。言われないと野菜だと思わないのではないでしょうか。配膳の直前にサイダーを加えパンチを効かせています。

9月20日(水)

 献立は、スパゲッティ揚げなすのミートソース、じゃことキャベツのサラダ、牛乳でした。ミートソースに加えたなすは、夏から秋が旬の野菜です。水分が多く、あまり目立った栄養素はありませんが、きれいな「なす紺」と言われる色素には健康に役立つ成分があることが分かってきました。日本になすが伝来してから1200年以上歴史があるので、種類も食べ方もいろいろありますね。

9月19日(火)

 献立は、もち麦ごはん、とり肉のバーベキューソース、いため野菜、ゴーヤーの佃煮、みそ汁(キャベツ、小松菜、生揚げ)、牛乳でした。盛り付け時は炒めた野菜の上にソースのかかったとり肉を載せると、甘酸っぱい味が野菜にも広がり食欲アップすると思います。ゴーヤーの佃煮は、削り節とごまがきいています。ご飯にふりかけて食べてください。

9月15日(金)

 献立は、食パン、秋味シチュー、せんぎりサラダ、梨ジャム、牛乳でした。シチューのさつまいも、サラダのきゅうりやにんじん、ジャムの梨は直売所から届きました。特にさつまいもは今年とれたばかりの新物です。市内東平地区の梨づくりも長い歴史があります。今日は高等部体育祭でした。練習の様子が給食室にいても伝わるので、毎日想像しながら応援していましたよ。

9月14日(木)

 献立は、もち麦ごはん、サバのカレー塩こうじ焼き、菊花和え、みそ汁(里芋、切り干し大根、ニンジン、油揚げ)、冷凍ミカン、牛乳でした。実習生の献立プランでいくつかポイントがあります。一つ目はみそ汁の切り干し大根。食物繊維やカルシウム、うま味がアップします。二つ目は、焼き魚の下味付けで、カレーを使っているので食欲アップの効果があります。三つ目は食用菊を使った和え物で季節感を表現しています。

9月13日(水)

 献立は、きのこ汁うどん、ちくわの磯辺揚げ、大根おろし、なし、牛乳でした。きのこ汁に使っているのは、しいたけ、えのきだけ、なめこの3種類です。食用のきのこは、うま味成分があり香りが好まれて古くから食べられてきました。日本人は特にきのこ好きで、栽培されるきのこの種類は世界一多いそうです。そのためスーパーの青果売場や乾物売場には通年でいろいろな種類のきのこが並んでいますね。

9月12日(火)

 献立は、もち麦ごはん、じゃがいものそぼろ煮、ピーマンとじゃこの当座煮、みそ汁(豆腐、わかめ、オクラ)、牛乳でした。今週は栄養士実習の学生が来ています。昨日の献立「秋の香りごはん」は実習生のプランです。今週は焼き魚や和え物なども登場するので楽しみにしてください。

9月11日(月)

 献立は、秋の香りごはん、さつまいものレモン煮、アジのつみれ汁、ヨーグルト、牛乳でした。「秋の香り」と聞くとどんな香りを想像しますか? 今日の献立の秋の香りは「きのこ」です。乾しシイタケとシメジ、マイタケを使ったご飯で秋を感じてもらえたら嬉しいです。きのこは苦手な人もぜひ食べてみてくださいね。

9月8日(金)

 献立は、セサミトースト、ししゃものエスカベッシュ、レタスとトマトと卵のスープ、梨(東平産)、牛乳でした。セサミトーストとししゃものエスカベッシュが初登場メニューです。セサミトーストは、すりごまとバター、砂糖を合わせたペーストをパンにぬってオーブンでカリッと焼きました。エスカベッシュは、地中海料理の一種で揚げ魚のマリネ風です。レモンを使っているのでマイルドな酸味です。

9月7日(木)

 献立は、もち麦ごはん、とり肉のはちみつ焼き、夏野菜の油みそ、みそ汁(冬がん、小松菜、えのきだけ、油揚げ)、のりの佃煮、牛乳でした。野菜たっぷりで色味も鮮やかなメニューです。はちみつ焼きと油みその甘さで食欲がアップしてくれるとうれしいです。昨日の雨のせいか今朝は少し空気が違いました。秋が少しずつ近づいてきていますね。

9月6日(水)

 献立は、五目焼きビーフン、さつまいもと大豆のじゃこ炒め、きのこの中華スープ、牛乳でした。さて昨日から給食が始まり、12時食堂をオープンすると配膳者が次々と教室へ向かういつもの光景が見られます。食堂で食べているクラスからは「いただきます」の声。「久々の給食、反応はどうかな?」と厨房から様子を伺うと、カレー、デザートをきれいに食べていてホッとしました。小学部では「おかわりしてますよ~!」とうれしい報告もありました。

9月5日(火)

 献立は、夏野菜のカレー、麦ごはん、ヨーグルトかんてん、牛乳でした。今日から2学期の給食開始です。よろしくお願いします。9月に入っても暑い日が続いています。熱中症、脱水症に注意して過ごしましょう。また、コロナウイルスや風邪などの感染症、食中毒のニュースも入ってきています。食事の前後の手洗いや身支度、周りの衛生に注意して予防しましょう。