本日の献立

毎日の給食のメニューを紹介します

9月15日(木)

 献立は、萩おこわ、レンコン入りつくね焼き、ピーマンとじゃこの当座煮、かきたま汁、牛乳でした。今日のご飯は、秋の七草の1つ、萩の赤い花に小豆を見立てた萩おこわでした。混ぜ込んだ枝豆の緑が映えて、敬老の日のお祝いやお彼岸の膳にもふさわしい季節感いっぱいのご飯です。つくね焼きも食べ応えがありましたよ。

9月14日(水)

 献立は、地粉うどん、きのこ汁、ぎせい豆腐、キウイフルーツ、牛乳でした。きのこも秋らしい食材ですね。秋の訪れを感じながら、うどんを味わったことと思います。

9月13日(火)

 献立は、麦ごはん、サバのしょうが揚げ、そぼろあえ、みそ汁(小松菜、じゃがいも)、牛乳でした。給食で使っているサバはタイセイヨウサバという品種で、ノルウェーから輸入されています。サバは、マグロやカツオ、イワシ、サンマ、ブリなどと同様に食卓によく登場する魚です。いずれも生活習慣病の予防に効果的なEPA,DHAが豊富です。サバ缶も人気で、最近はツナ缶より市場規模が大きくなっているそうです。

9月12日(月)

 献立は、麦ごはん、ポークカレー、パプリカとじゃこのサラダ、ヨーグルト、牛乳でした。週末はよく晴れて十五夜の月を楽しむことができました。さて、9日(金)の「ひみつのお月見スイーツ」のヒミツの食材は分かりましたか? 「桃、梨、大根…」といろいろな答えがありました。答えは「冬瓜」。角切りにしよく茹で、シロップ漬けにしました。

9月9日(金)

 献立は、さきたまボール、ポテトとツナのオムレツ、夏野菜のスープ、お月見スイーツ、牛乳でした。スープの野菜はズッキーニとパプリカ、ニンニクも入っています。そして、明日10日はもう中秋の名月、十五夜です。今日のデザート「ひみつのお月見スイーツ」はフルーツ白玉なのですが、一つ秘密の食材が入っています。さて、何でしょうか?