本日の献立

毎日の給食のメニューを紹介します

10月18日(火)

 献立は、ごはん、ヤンニョムチキン、レンコンサラダ、みそ汁(豆腐、小松菜)、牛乳でした。ヤンニョムチキンは鶏のから揚げにヤンニョムという合わせ調味料をからめた料理です。前回好評でしたが辛さが強すぎたようで、今日は辛さを控えめにしました。児童生徒の皆さん、感想を聞かせてくださいね。

10月17日(月)

 献立は、そぼろ丼、いものこ汁、みかん、牛乳でした。いものこ汁は里芋が主役の汁ものや鍋料理として各地で食べられています。岩手県や秋田県では郷土料理としてとり肉やきのこ、山菜など秋の味覚をたくさん使った鍋を「いものこ汁」というそうです。山形県では牛肉と里芋を合わせた鍋料理を野外で楽しむ「いも煮」が有名ですね。里芋は9月から10月に収穫しますが、種芋の植え付けは4月ごろです。

10月14日(金)

 献立は、きな粉あげパン、ポークビーンズ、ヨーグルトあえ、牛乳でした。ポークビーンズは、豚肉と豆をトマトで煮込んだアメリカの家庭料理です。給食で作る時の豆は、大豆かいんげん豆を使います。今日は、手亡豆という白いいんげん豆が入っています。大豆はたんぱく質と脂質が多いのに対し、いんげん豆や小豆にはたんぱく質と炭水化物を多く含みます。さらにビタミンやミネラルも豊富で食物繊維も多く含み、ごぼうにも負けていません。

 

10月13日(木)

 献立は、栗と三食豆の炊きおこわ、豚汁、サバの塩こうじ焼き、キウイ、牛乳でした。日本では十五夜を「芋名月」、十三夜を「豆名月」と呼んで、月見団子と一緒に里芋や枝豆、落花生などを供えて食べる習わしがあります。今日は豆の日、ほんのり甘い三種の豆やもち米がおいしい炊きおこわを味わってもらいました。

10月12日(水)

 献立は、親子かきたまうどん、変わり大学芋、青菜ともやしのナムル、牛乳でした。うどんの青味として少量使っているのは、豆苗という野菜です。中華食材としては高級とされますが、日本ではサヤエンドウの種を発芽させ、もやしのように育てたものが手ごろな価格で流通しています。カリウムやビタミンを多く含みます。