本日の献立

毎日の給食のメニューを紹介します

10月24日(火)

 献立は、もち麦ごはん、ぼっくりん焼き、きのこ和え、みそ汁(大根、じゃがいも、油揚げ)、みかん、牛乳でした。今日はまつぼっくり祭リハーサルということで、給食は「ぼっくりん焼き」の応援メニューです。本校のキャラクターをイメージしたぼっくりん焼きは、ひき肉、ナッツ、おから、ネギを使っていろいろな栄養パワーを持っています。朝晩と日中の気温差が大きいですね。かぜをひかないよう注意しましょう。

10月23日(月)

 献立は、もち麦ごはん、カツオのから揚げ黒潮ソース、たくあん和え、みそ汁(かぼちゃ、玉ねぎ、油揚げ)、柿、牛乳でした。から揚げにかかっている黒潮ソースは、梅干しと黒砂糖、みりん、しょうゆを合わせたソースです。ネーミングは高知県の栄養教諭と聞いています。カツオ、梅、黒潮と聞くと高知県や和歌山県、太平洋が連想されますね。今日はたくあん和えにもカツオの削り節を使っています。

10月20日(金)

 献立は、さきたまボール、ポークビーンズ、大根と柿のサラダ、りんごジャム、牛乳でした。まつぼっくり祭が近くなってきました。ステージ発表の練習も衣装を着けて本番のようです。日曜日から気温が下がりさらに秋が深まるようです。元気にまつぼっくり祭を迎えられるように、しっかり食べて十分な睡眠をとりましょう。食事前後の手洗いも大切です。

10月19日(木)

 献立は、かんぴょうとひじきの混ぜご飯、里芋のそぼろ煮、川島呉汁、青みかん、牛乳でした。川島呉汁は豆乳やずいき(芋がら)など10種類以上の野菜を使う川島町の郷土料理です。川島町のホームページにはレシピも紹介されています。残念ながらずいきと10種類以上の野菜の使用には及びませんが、今日の献立で秋らしさを感じてもらえたらうれしいです。

10月18日(水)

 献立は、ちゃんぽんめん、ナッツごぼう、青みかん、牛乳でした。10月18日は歳時記によると、冷凍食品の日、統計の日。冷凍食品はマイナス18℃以下の温度で流通することが決められています。多くの種類(魚、野菜、加工食品)を保管する冷凍庫はさらに低い温度ですし、配送する保冷車も温度を守らなければなりません。学校の給食室も同じです。安全のため、毎日チェックと記録をしています。