本日の献立

毎日の給食のメニューを紹介します

9月8日(木)

 献立は、さつまいもごはん、アジのソテー トマトソース、甘酢和え、牛乳でした。実習生が予習し提案してくれたメニューです。さつまいもごはんは茨城県産のさつまいもを使いました。炊き上がりを試食すると、やさしい甘さのさつまいもでした。食べ物からも秋らしさが感じられますね。

9月7日(水)

 献立は、ソース焼きそば、もずくスープ、チーズ、なし(豊水)、牛乳でした。今月の給食目標は、「なんでも食べて丈夫な体をつくろう!」です。なんでも食べてというのは、いろいろな食品からいろいろな栄養素を摂ってほしいという意味で、丈夫な体をつくろうというのは、毎日元気に活動したり、病気を予防したりするために毎日の食事を大切にしてほしいという願いです。

9月6日(火)

 献立は、ごはん、豆腐と豚肉のうま煮、黒ごまあえ、冷凍みかん、牛乳でした。今日は9月6日の語呂合わせで、黒ごまの日とか黒豆の日、黒酢の日などが健康歳時記に書かれてありました。「くろ」が付く食品、他にも知っていますか? また、ごまはよく料理に使われる食品でとても栄養豊富なので古い時代から重要な栄養源とされてきました。

9月5日(月)

 献立は、ごはん、とりの照り焼き、アサリのチャウダー、なし、牛乳でした。今週は栄養士の実習生が本校に来ています。学校給食の献立や衛生管理、調理技術について勉強し、給食の時間には教室や食堂で児童生徒と交流します。今日の献立は、実習生が予習として考えました。デザートの梨は地元産の豊水です。

9月2日(金)

 献立は、ガーリックトースト、大豆とソーセージのトマト煮、夏野菜のコーンなサラダ、牛乳でした。今日から2学期の給食が始まりました。子供達は久しぶりの給食でも黙食を励行していて感心です。食欲をそそる香りのガーリックトーストは子供達も大好きです。オクラが入りネバネバしているサラダも好評でした。

7月19日(火)

 献立は、麦ごはん、夏野菜のトッピングカレー、ヨーグルト、大玉すいか、牛乳でした。今日、給食室では朝から電卓が大活躍でした。カレーのトッピングにするカボチャ、なす、パプリカは何等分すればよいか、大玉すいかのカットは? と計算しなければならない材料が多かったからです。1学期の給食は今日で終わりです。児童生徒の皆さん、夏休みも元気で過ごしてください。

7月15日(金)

 献立は、コッペパン、ブルーベリージャム、ミートオムレツ、野菜スープ、小玉すいか、牛乳でした。毎年この時期になるとブルーベリージャムを作ります。地元や県内でたくさん栽培、出荷されているので、味わってもらいたい果物の一つです。今日はパンにたっぷりとぬって食べてもらいました。

7月14日(木)

 献立は、バターコーンしょうゆごはん、つみれ汁、ナッツごぼう、枝豆、牛乳でした。今週は栄養士実習の学生が給食室で調理や献立作りの勉強をしています。今日のバターコーンしょうゆごはんと枝豆は、実習生の献立プランから相談して決めました。枝豆は、大豆と野菜の栄養をバランス良く含むため、食欲の低下する夏に特におススメの食品です。

7月13日(水)

 献立は、いなか汁うどん、夏野菜のかき揚げ、メロン、牛乳でした。夏野菜のかき揚げには、とうもろこし、さやいんげん、パプリカ、玉ねぎ、大豆、さくらえびが入っています。とうもろこしには、ピュアホワイトという白い粒の品種を使いました。色は目立ちませんが、糖度が高くとても甘いです。