本日の献立

毎日の給食のメニューを紹介します

12月8日(木)

 献立は、ごはん、とり肉のレモン煮、ごまあえ、みそ汁(小松菜、じゃがいも、玉ねぎ)、牛乳でした。とり肉のレモン煮は鶏むね肉をから揚げにしレモン醤油をからめているので、ご飯によく合うと思います。ごまあえやみそ汁には地場産のほうれん草や小松菜を使っています。

12月7日(水)

 ごまだんごの断面→

 献立は、広東めん、さつまいものごまだんご、牛乳でした。ごまだんごに使ったさつまいもは、今年中学部生徒が育てた「紅はるか」を提供していただきました。しっとりしていて甘いおいもを揚げることにより香ばしさが加わりました。ごまだんごを揚げる作業は油はねが多く、調理員さんが苦労されたとのこと。松特の味、とってもおいしくいただきました。

12月6日(火)

 献立は、かんぴょうとひじきの混ぜご飯、白あえ、とん汁、みかん、牛乳でした。乾物のひじきやごま、かんぴょう、豆腐を使っているのでカルシウムや鉄などのミネラルがたくさん摂れる献立です。また、みかんなどに多いビタミンCは、鉄の吸収率を上げるので一緒にいただきましょう。

12月5日(月)

 献立は、新米ごはん、いわしのつみれ汁、大豆のいそ煮、切り干し大根の中華和え、牛乳でした。今日から新米ごはんです。川島町の米農家さんで収穫されたものです。今月は「月あかり」という品種の新米です。味わってみてください。

12月2日(金)

 献立は、ツイストパン、ほうれん草のオムレツ、豆と野菜のスープ、りんご、牛乳でした。今日のオムレツは、卵とひき肉、ほうれん草などの野菜と生クリーム、チーズが入ったキッシュ風です。いつものオムレツよりうま味を多く感じると思います。ほうれん草は嵐山町産、新鮮な葉っぱの色が濃く、風邪予防に役立つ栄養がたっぷりです。

12月1日(木)

 献立は、ごはん、サケのホイル焼き、さつまいもとごぼうのサラダ、みそ汁(大根、小松菜、生揚げ)、みかん、牛乳でした。サケのホイル焼きはホイルを開けるとバターのいい香りがします。サラダは滑川町産のさつまいも、紅はるかとごぼう、にんじん、枝豆を和えています。食物繊維がたっぷり摂れるサラダです。

11月30日(水)

 献立は、きのこ汁うどん、ちくわの磯辺揚げ、ヨーグルト、みかん、牛乳でした。今日は11月30日、明日から12月です。12月の給食目標は、「寒さに負けない食事をしよう」です。毎日3回の食事をしっかり食べて、風邪やインフルエンザを予防する体力をつけましょう。磯辺揚げの材料ちくわ等の練り物は、たんぱく質やミネラルが多い食品です。

11月29日(火)

 献立は、ごはん、手づくりシュウマイ、春雨サラダ、みそ汁、牛乳でした。シュウマイは高等部からのリクエストです。リクエストメニューの日は他の学部児童生徒もよく食べてくれて残りが少なく済みました。また来年も実施できるといいですね。みそ汁の具は、じゃがいもと玉ねぎとほうれん草です。今日のじゃがいもは「インカのめざめ」黄色のホクホク系です。

11月28日(月)

 献立は、ビビンバ、もずくスープ、みかん、牛乳でした。ビビンバは高等部からのリクエストがありました。器にごはんを盛り付け、ナムルとひき肉のそぼろをのせます。食べるときによく混ぜるのがおいしく食べるコツです。ナムルに使った野菜は、大根、にんじん、ほうれん草、大豆もやし、わらびの水煮で一人当たり120-145gです。たくさんの野菜をおいしくいただけるメニューです。

11月25日(金)

 献立は、さきたまボール、りんごジャム、カジキのハーブ焼き、長いものから揚げ、ひよこ豆のチャウダー、牛乳でした。今日は初登場メニュー「長いものから揚げ」の紹介をします。長いもはイモ類の中で、山芋と呼ばれ、大和芋やいちょういもの仲間です。千切りの酢の物やすりおろしていただくことが多いのですが、今日は輪切りにして油で揚げました。

11月24日(木)

 献立は、雑穀ごはん、鶏のから揚げ、たくあんあえ、みそ汁(生揚げ、里芋、小松菜、大根)、牛乳でした。鶏のから揚げは高等部からのリクエストです。長野県では、鳥のもも肉やむね肉の一枚肉をから揚げにしたものを「山賊焼」といってとても人気があります。なぜ山賊焼か? それはまた次回に。

11月22日(火)

 献立は、スパゲッティ ツナのトマトソース、キャベツとコーンのサラダ、カスタードプリン、牛乳でした。スパゲッティとカスタードプリンは高等部からのリクエストです。カスタードプリンのカスタードは、卵に牛乳と砂糖、バニラなどの香料を合わせたもので、プリンやシュークリーム、フレンチトーストなどでおなじみですね。

11月21日(月)

 献立は、チャーハン、白菜としめじのスープ、牛乳かんてん、牛乳でした。チャーハンは高等部からのリクエストで、「ねぎ、チャーシュー、小なると」と注文が出ていました。今日は、なるとは入っていませんが、ねぎとチャーシュー、たまご、ひき肉がたっぷり入っています。元気が出て体もあたたまりそうですね。

11月18日(金)

 献立は、麦ごはん、ほうれん草のキーマカレー、ヨーグルト、牛乳でした。以前ほうれん草の語源は、中国語でペルシャの意味とお伝えしました。料理の名前に「フローレンス風」と付くと、必ずほうれん草が使われます。中世イタリアのルネッサンス時代に、フィレンツェ(英語でフローレンス)からフランスに嫁いだ美しい女性がとてもほうれん草好きだったことに由来するそうです。ほうれん草で健康な肌を守りたいですね。

11月17日(木)

 献立は、ごはん、サンマのかば焼き、千草あえ、みそ汁(わかめ、大根)、牛乳でした。気温が低く、乾燥した天気が続く季節になってきました。手洗いやうがいを心がけ、カゼやインフルエンザを予防しましょう。食事も栄養バランスよく食べて寒さに負けない体をつくりましょう。

11月16日(水)

 献立は、豆腐ラーメン、レンコンのナッツがらめ、みかん、牛乳でした。豆腐ラーメンは高等部からのリクエストで、本校給食では初登場です。埼玉県のB級グルメとして、さいたま市の岩槻区がご当地で人気があります。市民会館いわつきで2回いただいた経験を基に作りました。近い味が再現できていれば良いのですが……。

11月11日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の献立は、ココア揚げパン、あさりのチャウダー、りんご、牛乳でした。

ココア揚げパンは、高等部からのリクエストですが、小学部や中学部、先生方からも

「楽しみにしています!」の声が届いています。

ココアや抹茶を揚げパンに使うときはきな粉と混ぜて使います。

パンを揚げる油の温度は高めで、短い時間で引き上げて油を切ります。

待ち構えていた調理師さんが、甘くてほろ苦いココアを上手にまとわせました!

美味しくいただきました!ごちそうさまでした(^^)

11月10日(木)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の献立は、鮭ごはん、とん汁、キャベツのおかかあえ、チーズ、牛乳でした。

サケの身はなぜサーモンピンク?「サーモンピンク」と言われるように、サケの身は

きれいな色をしています。これはサケが食べている甲殻類(オキアミなど)に含まれる

アスタキサンチンという色素が、サケの筋肉に蓄積するため。

アスタキサンチンは野菜や果物に多いカロテンと同じように、私たちの体内でビタミンAとして働きます。

11月9日(水)

 献立は、田舎汁うどん、ししゃもの天ぷら、みかん、牛乳でした。田舎汁の中には季節の野菜やきのこと一緒に「ずいき」という里芋の茎も使われています。ねっとりとした美味しい里芋をたくさん出荷する埼玉県ですので、ずいきもたくさんあります。乾燥させた「芋がら」は伝統食材として出回ります。

11月8日(火)

 献立は、ごはん、里芋のそぼろ煮、ごまあえ、タラの粕汁、牛乳でした。昨日7日は立冬でしたので献立や食材も体をあたためるものが多くなっています。汁ものの酒粕やタラ、白菜、大根はこれからの季節に出番の多い食材です。また、主菜の里芋のそぼろ煮で使用した里芋は地元産です。埼玉県は里芋の出荷量がとても多い県です。(1位埼玉県、2位千葉県、3位宮崎県 2019年)