本日の献立

毎日の給食のメニューを紹介します

11月17日(木)

 献立は、ごはん、サンマのかば焼き、千草あえ、みそ汁(わかめ、大根)、牛乳でした。気温が低く、乾燥した天気が続く季節になってきました。手洗いやうがいを心がけ、カゼやインフルエンザを予防しましょう。食事も栄養バランスよく食べて寒さに負けない体をつくりましょう。

11月16日(水)

 献立は、豆腐ラーメン、レンコンのナッツがらめ、みかん、牛乳でした。豆腐ラーメンは高等部からのリクエストで、本校給食では初登場です。埼玉県のB級グルメとして、さいたま市の岩槻区がご当地で人気があります。市民会館いわつきで2回いただいた経験を基に作りました。近い味が再現できていれば良いのですが……。

11月11日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の献立は、ココア揚げパン、あさりのチャウダー、りんご、牛乳でした。

ココア揚げパンは、高等部からのリクエストですが、小学部や中学部、先生方からも

「楽しみにしています!」の声が届いています。

ココアや抹茶を揚げパンに使うときはきな粉と混ぜて使います。

パンを揚げる油の温度は高めで、短い時間で引き上げて油を切ります。

待ち構えていた調理師さんが、甘くてほろ苦いココアを上手にまとわせました!

美味しくいただきました!ごちそうさまでした(^^)

11月10日(木)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の献立は、鮭ごはん、とん汁、キャベツのおかかあえ、チーズ、牛乳でした。

サケの身はなぜサーモンピンク?「サーモンピンク」と言われるように、サケの身は

きれいな色をしています。これはサケが食べている甲殻類(オキアミなど)に含まれる

アスタキサンチンという色素が、サケの筋肉に蓄積するため。

アスタキサンチンは野菜や果物に多いカロテンと同じように、私たちの体内でビタミンAとして働きます。

11月9日(水)

 献立は、田舎汁うどん、ししゃもの天ぷら、みかん、牛乳でした。田舎汁の中には季節の野菜やきのこと一緒に「ずいき」という里芋の茎も使われています。ねっとりとした美味しい里芋をたくさん出荷する埼玉県ですので、ずいきもたくさんあります。乾燥させた「芋がら」は伝統食材として出回ります。

11月8日(火)

 献立は、ごはん、里芋のそぼろ煮、ごまあえ、タラの粕汁、牛乳でした。昨日7日は立冬でしたので献立や食材も体をあたためるものが多くなっています。汁ものの酒粕やタラ、白菜、大根はこれからの季節に出番の多い食材です。また、主菜の里芋のそぼろ煮で使用した里芋は地元産です。埼玉県は里芋の出荷量がとても多い県です。(1位埼玉県、2位千葉県、3位宮崎県 2019年)

11月7日(月)

 献立は、ごはん、サバの味噌煮、いそべ和え、かきたま汁、みかん、牛乳でした。先日、栄養士実習報告会が行われ、本校に来ていた2名の学生も発表していました。その際、大学副学長挨拶で、日本人の栄養摂取に関して「もっと摂ってほしい成分」として、魚に多いDHAや葉物野菜に多い葉酸のことを話されていました。今日の献立でとちらもしっかり摂りましょう。

11月4日(金)

 献立は、わらじかつ丼、みそ汁(大根、小松菜、しめじ)、みかん、牛乳でした。かつ丼は高等部からのリクエストです。秩父小鹿野のわらじかつ丼は、地元秩父で愛されるB級グルメです。「大きくてまるでわらじみたい。」と言われたことから「わらじかつ」と呼ばれるようになったそうです。今日のかつは、わらじほど大きくはありませんが、一足のわらじをイメージして、ごはん、千切りキャベツの上に2枚並べて盛り付けてもらいました。

11月2日(水)

 献立は、ソース焼きそば、豆腐ときのこのとろみ汁、あべ川芋、牛乳でした。ソース焼きそばは高等部のリクエストです。リクエストには添え書きがあり「味付けを調整できるようにしてほしい。あるいはもっと濃い味付けにしてほしい。」「マヨネーズを付けてほしい。」 ソース焼きそばの調味料は、中濃ソース、ウスターソース、しょうゆを使っています。今回はウスターソースの量を少し増やしてみました。塩分量を抑えながら要望に応えるよう工夫しています。

11月1日(火)

 献立は、ごはん、中華風豆腐の五目煮、カシューナッツあえ、海苔の佃煮、牛乳でした。今日から11月。街路樹や公園の木々の葉も色づいてきましたね。朝晩は寒い日も増えてきますが、野菜や果物はおいしさが増してきます。あえものの頃もに使ったのはカシューナッツです。ウルシ科の植物ですが実り方がユニークです。検索してみてください。

10月31日(月)

 献立は、ごはん、アジの竜田揚げ、チゲ風みそ汁、かぼちゃの茶巾しぼり、牛乳でした。チゲ風みそ汁はキムチの他に豚肉、豆腐、大豆もやし、チンゲン菜が入り具材も栄養もたっぷりです。食べると体があたたまりますよ。また、今日はハロウィンなので、かぼちゃの茶巾しぼりを作りました。材料はかぼちゃとさつまいも、砂糖、バターです。早くから調理員さんが準備してくれました。

10月28日(金)

 献立は、食パン、ポテトとひき肉のオムレツ、ミネストローネ、柿ジャム、牛乳でした。先週から柿がたびたび登場しています。今日はジャムに変身し登場しました。柿にはカロテンやビタミンCが多いので、この季節におススメの果物です。生で食べても干し柿にしてもおいしい柿を食べましょう。

10月27日(木)

 献立は、揚げ大豆入り菜めし、とりだんご汁、キャベツと柿のサラダ、牛乳でした。昨日は納豆の大豆の生産地を紹介しましたが、今日も菜めしに大豆を使っています。大豆の生産地や品種を調べていたら、どの品種がどんな製品に向いているか表に整理されていて、90種類もの品種があることが分かりました。

10月26日(水)

 献立は、ちゃんぽんめん、焼きいも、ヨーグルト、牛乳でした。今日の焼きいもは、オーブンでじっくりと焼くのですが、人数分に切ってから焼くか、焼いてから切り分けるか、どちらだと思いますか?…正解は焼いてから切り分けています。ところで、昨日の彩の国納豆について県産大豆タチナガハはどの辺で収穫されているか質問がありました。こちらは、熊谷、深谷、加須が主な産地です。 

10月25日(火)

 

 献立は、ごはん、彩の国納豆、サンマの筒煮、ブロッコリーのおかかあえ、みそ汁(じゃがいも、玉ねぎ、わかめ)、牛乳でした。ここ数年サンマは不漁が続いています。鮮魚コーナーでサンマは見かけますが、小ぶりのものが数匹並んでいるぐらいでさびしいですね。でも給食で一回は食べてもらいたいので、今日は筒煮です。サンマには不飽和脂肪酸が多く含まれます。残さずいただきましょう。

10月24日(月)

 献立は、ごはん、じゃがいもとレバーの揚げ煮、大根と柿とリンゴのサラダ、みそ汁(白菜、えのきだけ、厚揚げ)、牛乳でした。スポーツと栄養について、プロ野球は日本シリーズでヤクルトとオリックスが連日熱戦を繰り広げていますね。野球選手に限らず、スポーツ選手は必要な栄養を摂りながら効率よく筋肉が発達する運動をしています。主菜のレバーも血や肉となる栄養がたっぷりです。

10月21日(金)

 献立は、ごぼうと豚肉のまぜごはん、切り干し大根の中華あえ、みそ汁(ほうれん草、じゃがいも、大根、厚揚げ)、柿、牛乳でした。今日のデザートの柿は、松本早生という品種で山梨県の甲府産です。甘柿の代表富有柿の農園で1935年(昭和10年)ころに発見され育てられてきたそうです。柿はビタミンCやカロテンを多く含むので肌荒れを防ぎ、かぜの予防にも役立ちます。

10月20日(木)

 献立は、雑穀ごはん、サケの西京焼き、白あえ、みそ汁(じゃがいも、わかめ、キャベツ)、牛乳でした。今日10月20日は、「世界骨粗しょう症デー」。骨粗しょう症の予防や研究を促すことを目的とした国際デーです。カルシウムやビタミンDを摂って、骨密度を高めたいですね。天気もいいので、日光の力もいただいておきましょう。

10月19日(水)

 献立は、スパゲッティ・とり肉ときのこのクリームソース、大根とじゃこのサラダ、牛乳でした。サラダのドレッシングには、しょう油やごま油を使って和風ですが、クリームソースのパスタにはさっぱりとしたこんなサラダも良いかと思います。

10月18日(火)

 献立は、ごはん、ヤンニョムチキン、レンコンサラダ、みそ汁(豆腐、小松菜)、牛乳でした。ヤンニョムチキンは鶏のから揚げにヤンニョムという合わせ調味料をからめた料理です。前回好評でしたが辛さが強すぎたようで、今日は辛さを控えめにしました。児童生徒の皆さん、感想を聞かせてくださいね。

10月17日(月)

 献立は、そぼろ丼、いものこ汁、みかん、牛乳でした。いものこ汁は里芋が主役の汁ものや鍋料理として各地で食べられています。岩手県や秋田県では郷土料理としてとり肉やきのこ、山菜など秋の味覚をたくさん使った鍋を「いものこ汁」というそうです。山形県では牛肉と里芋を合わせた鍋料理を野外で楽しむ「いも煮」が有名ですね。里芋は9月から10月に収穫しますが、種芋の植え付けは4月ごろです。

10月14日(金)

 献立は、きな粉あげパン、ポークビーンズ、ヨーグルトあえ、牛乳でした。ポークビーンズは、豚肉と豆をトマトで煮込んだアメリカの家庭料理です。給食で作る時の豆は、大豆かいんげん豆を使います。今日は、手亡豆という白いいんげん豆が入っています。大豆はたんぱく質と脂質が多いのに対し、いんげん豆や小豆にはたんぱく質と炭水化物を多く含みます。さらにビタミンやミネラルも豊富で食物繊維も多く含み、ごぼうにも負けていません。

 

10月13日(木)

 献立は、栗と三食豆の炊きおこわ、豚汁、サバの塩こうじ焼き、キウイ、牛乳でした。日本では十五夜を「芋名月」、十三夜を「豆名月」と呼んで、月見団子と一緒に里芋や枝豆、落花生などを供えて食べる習わしがあります。今日は豆の日、ほんのり甘い三種の豆やもち米がおいしい炊きおこわを味わってもらいました。

10月12日(水)

 献立は、親子かきたまうどん、変わり大学芋、青菜ともやしのナムル、牛乳でした。うどんの青味として少量使っているのは、豆苗という野菜です。中華食材としては高級とされますが、日本ではサヤエンドウの種を発芽させ、もやしのように育てたものが手ごろな価格で流通しています。カリウムやビタミンを多く含みます。

10月11日(火)

 献立は、ごはん、肉団子と白菜のスープ、大豆のじゃこ炒め、みかん、牛乳でした。先週は気温の低い日が何日か続いて、そろそろ煮込み料理などが欲しくなってきましたね。今日は手作りの肉団子と白菜がたっぷり入ったスープです。

10月7日(金)

 献立は、中華どんぶり、もずくスープ、牛乳かんてん、牛乳でした。今日はビタミンDについて、この栄養素を多く含む食品は、サケ、イワシ、しらすなどの魚類と乾燥きくらげ、干ししいたけなどです。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるので、骨や歯の形成に必要です。外で日光に当たったり(1日20分程度)、魚やきのこを食べるといいですね。

10月6日(木)

 献立は、わかめごはん、ひみつのから揚げ、根菜汁、青みかん、牛乳でした。昨日から気温が低くなり北海道から雪の便り、焼き芋の話題等が届きました。今日の根菜汁には、里芋やごぼう、大根などの根菜類が使われています。いろいろな根菜の香りや歯ざわりも味わってほしいと思います。

10月5日(水)

 献立は、カレーうどん、芋ようかん、チーズ、牛乳でした。今日のカレーうどんには、ほうれん草が入っています。「ホウレン」を漢字で書くと、中国語でペルシャ(現在のイラン)の意味となります。ほうれん草のふるさとは、ペルシャだったんですね。今日からしばらく雨が降り気温も低めの予報が出ています。給食をしっかり食べて体調を整えましょう。

10月4日(火)

 献立は、ごはん、イワシのピリ辛ソース、みそ汁(さつまいも、大根、ねぎ、にんじん、油揚げ)、きのこと小松菜のおひたし、牛乳でした。今日は10月4日の語呂合わせでイワシの日。から揚げにしてピリ辛ソースをかけました。ピリ辛ソースは、すりおろしたりんごをベースににんにくやしょうが、豆板醬、ごま、ねぎ、さとう、しょうゆで作りました。

10月3日(月)

 献立は、麦ごはん、厚揚げ麻婆、春雨サラダ、青みかん、牛乳でした。今日の主菜は、厚揚げ麻婆。いつもは木綿豆腐を使いますが、今日は厚揚げを使いました。なぜ厚揚げを使うのかというと、鉄分を多く摂れるからです。木綿豆腐100g中に鉄分は0.9mg、厚揚げ100g中には鉄が2.6mgです。成長期の皆さんにしっかり摂ってもらいたい栄養素です。

9月30日(金)

 献立は、ツイストパン、秋味シチュー、こんにゃくゼリーとフルーツのデザート、牛乳でした。日本の川で生まれ、海に出て、また戻ってくるのが白鮭です。秋鮭(秋味)は、秋に獲れる白鮭のことで9月~11月の産卵シーズンに北海道や東北地方で水揚げされます。今日は秋鮭とさつまいもの「秋味シチュー」です。

9月29日(木)

 献立は、ごはん、ししゃもの南部揚げ、ズッキーニ油みそ、いものこ汁、牛乳でした。いものこ汁は収穫時期を迎えた里芋の他に大根、にんじん、小松菜、えのきだけ、なめこ…と具だくさんで、食べるとホッとする味でした。

9月28日(水)

 献立は、けんちんうどん、千草焼き、ごます和え、牛乳でした。けんちんうどんは、里芋やゴボウ、大根など秋冬の根菜がたくさん入ります。大雨や台風の影響で品不足や価格のことが気になりますが、しっかり食べて栄養を確保してほしいと思います。

9月27日(火)

 

 献立は、カレーピラフ、ひよこ豆のチャウダー、梨、牛乳でした。今日の梨の品種は、秋月です。甘くて酸味の少ない梨です。梨も最近はいろいろな品種があり、違いを味わうのも楽しいですね。

9月26日(月)

 献立は、ごはん、大豆と昆布の煮物。レンコンだんご汁、青みかん、牛乳でした。煮物は大豆や昆布の他にさつま揚げ、ゴボウなどが入り、それぞれの食材からうま味や香りが集まっています。レンコンだんご汁も同様です。よくかんで、味わってほしいと思います。

9月22日(木)

 献立は、麦ごはん、イワシのかば焼き、いそべ和え、みそ汁(里芋、大根、油揚げ、ねぎ)、青みかん、牛乳でした。先日は冷凍ミカンが出ましたが、今日は初物の青みかんでした。気温も下がり、益々秋を感じます。

9月21日(水)

 献立は、スパゲッティツナのトマトソース、レンコンと豆のサラダ、牛乳でした。サラダのレンコンはシャキシャキと歯ごたえが良かったです。

9月20日(月)

 献立は、麦ごはん、海苔の佃煮、チンジャオロースー、カシューナッツあえ、みそ汁(じゃがいも、ねぎ、油揚げ)、牛乳でした。メインのおかずはチンジャオロースー、細切りピーマンには、赤や黄色のものも混ぜてあり、しっかりした味付けでごはんが進みました。

9月16日(金)

 献立は、はちみつパン、サケのハーブ焼き、こふき芋、ミネストローネ、梨、牛乳でした。ミネストローネは具だくさん、野菜たっぷり、パンとよく合うスープでした。

9月15日(木)

 献立は、萩おこわ、レンコン入りつくね焼き、ピーマンとじゃこの当座煮、かきたま汁、牛乳でした。今日のご飯は、秋の七草の1つ、萩の赤い花に小豆を見立てた萩おこわでした。混ぜ込んだ枝豆の緑が映えて、敬老の日のお祝いやお彼岸の膳にもふさわしい季節感いっぱいのご飯です。つくね焼きも食べ応えがありましたよ。

9月14日(水)

 献立は、地粉うどん、きのこ汁、ぎせい豆腐、キウイフルーツ、牛乳でした。きのこも秋らしい食材ですね。秋の訪れを感じながら、うどんを味わったことと思います。

9月13日(火)

 献立は、麦ごはん、サバのしょうが揚げ、そぼろあえ、みそ汁(小松菜、じゃがいも)、牛乳でした。給食で使っているサバはタイセイヨウサバという品種で、ノルウェーから輸入されています。サバは、マグロやカツオ、イワシ、サンマ、ブリなどと同様に食卓によく登場する魚です。いずれも生活習慣病の予防に効果的なEPA,DHAが豊富です。サバ缶も人気で、最近はツナ缶より市場規模が大きくなっているそうです。

9月12日(月)

 献立は、麦ごはん、ポークカレー、パプリカとじゃこのサラダ、ヨーグルト、牛乳でした。週末はよく晴れて十五夜の月を楽しむことができました。さて、9日(金)の「ひみつのお月見スイーツ」のヒミツの食材は分かりましたか? 「桃、梨、大根…」といろいろな答えがありました。答えは「冬瓜」。角切りにしよく茹で、シロップ漬けにしました。

9月9日(金)

 献立は、さきたまボール、ポテトとツナのオムレツ、夏野菜のスープ、お月見スイーツ、牛乳でした。スープの野菜はズッキーニとパプリカ、ニンニクも入っています。そして、明日10日はもう中秋の名月、十五夜です。今日のデザート「ひみつのお月見スイーツ」はフルーツ白玉なのですが、一つ秘密の食材が入っています。さて、何でしょうか?

9月8日(木)

 献立は、さつまいもごはん、アジのソテー トマトソース、甘酢和え、牛乳でした。実習生が予習し提案してくれたメニューです。さつまいもごはんは茨城県産のさつまいもを使いました。炊き上がりを試食すると、やさしい甘さのさつまいもでした。食べ物からも秋らしさが感じられますね。

9月7日(水)

 献立は、ソース焼きそば、もずくスープ、チーズ、なし(豊水)、牛乳でした。今月の給食目標は、「なんでも食べて丈夫な体をつくろう!」です。なんでも食べてというのは、いろいろな食品からいろいろな栄養素を摂ってほしいという意味で、丈夫な体をつくろうというのは、毎日元気に活動したり、病気を予防したりするために毎日の食事を大切にしてほしいという願いです。

9月6日(火)

 献立は、ごはん、豆腐と豚肉のうま煮、黒ごまあえ、冷凍みかん、牛乳でした。今日は9月6日の語呂合わせで、黒ごまの日とか黒豆の日、黒酢の日などが健康歳時記に書かれてありました。「くろ」が付く食品、他にも知っていますか? また、ごまはよく料理に使われる食品でとても栄養豊富なので古い時代から重要な栄養源とされてきました。

9月5日(月)

 献立は、ごはん、とりの照り焼き、アサリのチャウダー、なし、牛乳でした。今週は栄養士の実習生が本校に来ています。学校給食の献立や衛生管理、調理技術について勉強し、給食の時間には教室や食堂で児童生徒と交流します。今日の献立は、実習生が予習として考えました。デザートの梨は地元産の豊水です。

9月2日(金)

 献立は、ガーリックトースト、大豆とソーセージのトマト煮、夏野菜のコーンなサラダ、牛乳でした。今日から2学期の給食が始まりました。子供達は久しぶりの給食でも黙食を励行していて感心です。食欲をそそる香りのガーリックトーストは子供達も大好きです。オクラが入りネバネバしているサラダも好評でした。