本日の献立

毎日の給食のメニューを紹介します

5月17日

 

 

 

 

 

 

キャロットライス

牛乳

ポテトとハムのオムレツ

野菜ミルクスープ

5月15日

 

 

 

 

 

 

山菜なめこうどん

牛乳

ちくわの南部揚げ

おひたし

 

給食で提供しているうどんは

埼玉県産の小麦を使用しています。

5月14日

 

 

 

 

 

 

かつおめし

牛乳

具だくさん汁

キャベツの梅じゃこ和え

甘夏みかん

 

揚煮した鰹の角切りをごはんに混ぜ込んだ「かつおめし」。
甘辛い味付けが良かったのか、とても好評でした。

5月9日

 

 

 

 

 

 

白飯

牛乳

千草焼き

ピーマンとじゃこの当座煮

味噌汁

甘夏みかん

5月8日

 

 

 

 

 

 

かんぴょうとひじきの混ぜご飯

牛乳

鶏肉の塩麹焼き

カシューナッツ和え

味噌汁

 

5月7日

 

 

 

 

 

 

もち麦ごはん

牛乳

いわしのかば焼き

磯辺和え

味噌汁

河内晩柑

5月1日

 

 

 

 

 

 

五目焼きビーフン

牛乳

ポテトといんげんの青のり和え

もずくスープ

河内晩柑

 

4月30日

 

 

 

 

 

 

もち麦ごはん

牛乳

厚揚げ麻婆

キャベツと小松菜のレモン和え

清見オレンジ

 

4月25日

 

 

 

 

 

 

たけのこごはん

牛乳

いもの子汁

風味和え

清見オレンジ

 

調理員さんが朝早くから生のたけのこのアク抜きをし、
美味しいたけのこご飯を作ってくださいました。

 

4月19日

 

 

 

 

 

 

食パン

手作りいちごジャム

牛乳

クリームシチュー

春キャベツとチーズのサラダ

 

吉見町で真っ赤に育ったいちごを使い

調理員さんにおいしいジャムを作って

いただきました。

 

4月18日

 

 

 

 

 

 

もち麦ごはん

牛乳

擬製豆腐

シャキシャキれんこんサラダ

味噌汁

4月17日

 

 

 

 

 

 

【入学・進級おめでとう献立】

甘納豆のお赤飯

牛乳

鶏のから揚げ

おかか和え

味噌汁

いちご

 

今日のお赤飯は、小豆を入れて炊きこんだ後に甘納豆を混ぜ込み

ほんのり甘く仕上げています。

デザートは東松山のお隣、吉見町で美味しく育ったいちご。

甘酸っぱくて美味しかったです。

4月12日

 

 

 

 

 

 

白飯 のり佃煮

牛乳

中華風豆腐の五目煮

じゃがいもきんぴら

清見オレンジ

4月11日

 

 

 

 

 

 

白飯

牛乳

鯵のしょうが揚げ

ごま和え

味噌汁

 

本日より6年度の給食が始まりました。

給食室一同、安全安心な給食づくりに努めます。

 

3月19日(火)

 献立は、麦ごはん、のらぼう菜のキーマカレー、レンコンサラダ、ヨーグルト、牛乳でした。サラダはキャベツの予定でしたが、先週の給食中止の際、献立を変更し行き場のなくなったレンコンを入れることにしました。

 3学期の給食は今日で終了です。春休み中もしっかりと食べて、元気に過ごしましょう。

 

 

3月18日(月)

 献立は、ごはん、千草焼き、大豆のじゃこ炒め、いものこ汁、清見オレンジ、牛乳でした。3学期の給食も残すところあと2回となりました。あらためて給食で得られる栄養成分について、①主食ののごはんや麺、パンからエネルギーの約40%、②牛乳からエネルギーの約20%、たんぱく質の約25%、カルシウムの約65%、ビタミンB2は約75%、脂質は約40%、③副食からエネルギーの約40%、たんぱく質の55から60%、脂質の50から60%です。これらの数字は一食当たりの摂取基準から計算した大まかな数字で、3大栄養素、ビタミンやミネラル、食物繊維などは省略していますが学校給食の基本形が成長期の皆さんにとても大切で有効であることを毎日の給食を通じ知ってほしいです。

 今日は、千草焼きといものこ汁に「しいたけ、なめこ、えのきだけ」が使われています。きのこには、食物繊維やビタミンB、カルシウムの吸収を助けるビタミンDなどが多く含まれます。

3月14日(木)

 献立は、スパゲッティのらぼう菜のクリームソース、キャベツとじゃこのサラダ、牛乳でした。今週は給食室の排水管に不具合が生じ、給食の中止や献立の変更などをお願いすることになってしまいました。ご協力ありがとうございました。今日から給食再開です。今日は地元産のらぼう菜が入ったクリームソースのスパゲッティです。

3月11日(月)

 献立は、ごはん、アジの竜田揚げ、カシューナッツ和え、みそ汁(じゃがいも、玉ねぎ、わかめ)、牛乳でした。今日はブロッコリーの話題です。先月、国の指定野菜になったことを紹介しましたが、新聞などでも取り上げられています。ブロッコリーは、秋から冬の野菜ですが、ビタミンCを始め、カロテンなど他のビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富で、夏には北海道でたくさん生産されています。埼玉県も生産量は2位(2021)と報告されています。

3月8日(金)

 本日は「卒業おめでとうこんだて」、鯛めし、揚げじゃがいものそぼろ煮、すまし汁、いちご、牛乳でした。高等部3年生の皆さんとは、食育の授業で「ローストポーク」づくりにチャレンジしました。一緒に調理実習をしたことでコロナ禍では遠くなっていた距離がすっかりなくなったように感じました。また、給食や献立作りへの質問、献立名の分析など、いろいろな話題で思い出に残る実習になりました。

3月7日(木)

 献立は、ごはん、のらぼう菜と豚肉の塩いため、とりだんご汁、彩の国納豆、牛乳でした。今日は給食室からのお願いです。本校の給食で使用している箸は樺(かば)の木を加工して作られた木箸です。古くなったものは新しい箸と交換しています。最近新しいお箸に歯型が付いていました。給食はよくかんで食べてもらいたいのですが、お箸はかまないでください。

3月6日(水)

 献立は、なめこ汁うどん、かき揚げ、大根おろし、いよかん、牛乳でした。今日は大根おろしについて、大根は日本国内で作付面積も収穫量も最大の野菜です。根の部分には、デンプンの消化酵素がたくさん含まれているので、からみもちや和え物、天ぷらや焼き魚に添えて食べることも多いですね。ただし消化酵素は熱に弱く、給食は加熱調理が原則なので、効果は減ってしまいます。知識として、食べ方や組み合わせを知っておいてほしいと思います。

3月5日(火)

 献立は、麦ごはん、じゃがいもとレバーの揚げ煮、磯辺和え、みそ汁(小松菜、大根、油揚げ)、牛乳でした。今日のみそ汁に入っている小松菜は、東松山産。そうです!高等部農園芸班で育てた野菜です。食材価格が上がっている中、特に小松菜とねぎは価格が下がらずやりくりに苦労しているところです。高等部の皆さん、提供ありがとうございました。

3月4日(月)

 献立は、ちらし寿司、すまし汁、まっ茶ミルクゼリー、牛乳でした。今日は調理室からすまし汁の出汁や、合わせ酢の良い匂いがしてきました。デザートにのせるイチゴやすまし汁の茗花は直売所から届きました。今日は春の献立を楽しんでくださいね。

 先週のクイズの答えは…キャベツの原産地は「地中海や大西洋の沿岸」でした。青汁の原料となるケールが原型とされています。

3月1日(金)

 献立は、コッペパン、チキンカツ、千切りキャベツ、コーンチャウダー、いよかん、牛乳でした。今日の献立はセルフサンドです。食材価格が高くなってからパンや麺の登場回数が少なくなりました。今日はチキンカツと千切りキャベツをパンにはさんで食べるセルフサンドです。そろそろ春キャベツのシーズンです。そこでクイズです。

Q キャベツの原産地はどこでしょうか?

 

2月29日(木)

 献立は、ごはん、のりの佃煮、サワラの西京焼き、ごまマヨネーズ和え、けんちん汁、牛乳でした。今日は鰆のお話です。サワラはサバの仲間で、体型はサバよりスマートです。成長するとサバより大きく70センチ以上になります。平成3年ごろまでは東シナ海や瀬戸内海で大量に獲れていましたが、その後激減しました。しかし平成11年ごろから日本海でたくさん獲れるようになりました。サバと同じようにたんぱく質やビタミンB2、鉄、亜鉛、DHA、EPAなどが多く含まれています。

2月28日(水)

 献立は、ごぼうと豚肉のまぜごはん、のらぼう菜のソテー、みそ汁(じゃがいも、玉ねぎ、わかめ、油揚げ)、牛乳でした。今日は豚肉の話です。ブタはイノシシを飼いならすうちに食肉専用の体に変わってきた家畜です。日本では西暦200年から600年ころには飼われていたようですが、その後肉食が禁止され、養豚が盛んになって肉を食べる習慣が根付いたのは、明治時代からです。豚肉は牛肉やとり肉よりもビタミンB1を多く含みます。

2月27日(火)

 献立は、ごはん、鉄人しゅうまい、春雨サラダ、豆腐ときのこのスープ、牛乳でした。鉄人しゅうまいは、少量のボイルしたレバーをひき肉に混ぜて鉄分量をアップしています。給食でも確保が難しい鉄分を摂れるアイデアメニューです。さて、昨日の大豆クイズ、正解は「③豆乳」でした。

2月26日(月)

 献立は、ツナピラフ、かきたまスープ、豆乳かんてん、牛乳でした。今日は「大豆クイズ」です。大豆から作られている食品はいろいろありますが、大豆を水に浸した後、すりつぶしてしぼった汁を加熱してできるものは次のうちどれでしょう? ①豆腐、②おから、③豆乳 答えを1つ選んでください。(正解は明日発表します)

2月22日(木)

 献立は、いなり寿司、のらぼう菜のおひたし、豆乳とん汁、牛乳でした。今年2月の初午の日は、5日でした。五穀を司るお稲荷さんのお祭りにちなんで、2月は給食の献立にいなり寿司を入れています。おひたしののらぼう菜は初登場です。菜の花の仲間ののらぼう菜は、比企地域の伝統野菜、江戸時代から栽培されています。

2月21日(水)

 献立は、カレーうどん、みぞれ和え、大学いも、牛乳でした。今日のみぞれ和えは、大根おろしの和え衣で、大豆とにんじん、ブロッコリーを和えました。ブロッコリーの緑と大豆の黄色、にんじんの赤で信号のようです。大学いもは、スティック状に切って揚げています。今日はアーモンドをからめてあります。

2月20日(火)

 献立は、麦ごはん、イワシのかば焼き、かぶのゆかり和え、みそ汁(じゃがいも、生揚げ、大根、ねぎ)、牛乳でした。今日は鰯のお話です。鰯は他の魚に食べられたり、水揚げされた後すぐに傷みやすいことから、漢字で魚へんに「弱」と書いて「鰯」です。弱い魚のため群れをつくって海を回遊していますが、大型の魚や漁では、群れを囲むようにしてまとめてイワシを獲ります。イワシには体によい栄養成分が多く、しらす干しや煮干し、缶詰など、加工品もいろいろあります。感謝していただきましょう。

2月19日(月)

 献立は、ごはん、いりどり、みそ汁(じゃがいも、玉ねぎ、ほうれん草)、いよかん、牛乳でした。主菜のいりどりは、とり肉とゴボウやレンコンなどの根菜、こんにゃくや乾しシイタケを炒め煮にした料理です。とり肉の旨味の他に、かつおや昆布、しいたけのだしも合わさっておいしい煮物です。根菜や結び昆布で食物繊維も多く、今日は普段に比べ二倍の食物繊維が含まれています。

2月16日(金)

 献立は、ツイストパン、ポテトとツナのオムレツ、ミネストローネ、いよかん、牛乳でした。昨日は関東地方で春一番が吹きました。強い南寄りの風で気温も20℃くらにまで上がり、夜になっても暖かく感じました。今日は北寄りの風に戻っていますので、この後も気温の変化に注意しましょう。さて今日は、天気図記念日です。140年前に日本で初めて天気図が作られたそうです。私たちの日常も農業、漁業もすべて、天候に関わっていることにあらためて気付きます。

2月15日(木)

 献立は、麦ごはん、とりの唐揚げねぎソース、レンコンサラダ、みそ汁(里芋、生揚げ、白菜)、牛乳でした。から揚げにねぎソースをかけた油淋鶏は小学部からのリクエストです。今日はとりのムネ肉を使っているので経済的ですが少しパサつきます。そこで衣に小麦粉と片栗粉を使ってジューシーに揚げてもらいました。

2月14日(水)

 献立は、きのこ豚丼、ブロッコリーのじゃこ和え、みそ汁(大根、小松菜、油揚げ)、ココアのサブレ風、牛乳でした。今日はバレンタインデーなので、ココアを使ったデザートを考えていました。ちんすこうの生地にココアを入れて焼いたのですが、なんと焼きあがった形は!? ということで、今日のデザートはココアのちんすこう改め、ココアのサブレ風となりました。ちょっとほろ苦いバレンタインになりました♡

2月13日(火)

 献立は、ごはん、サバのカレー揚げ。ねぎぬた、根菜汁、いよかん、牛乳でした。根菜汁には里芋やごぼう、大根、にんじん等、根菜がたっぷりです。ねぎぬたは、根深ねぎといわれる白いぶぶんが多いねぎを酢みそで和えた料理で、深谷ねぎの産地である県北の郷土料理です。和え衣にはすりごまもたくさん使っているので、カルシウムもたくさん摂れますね。

2月9日(金)

 献立は、さつまいもごはん、ふろふき大根、いわしのつみれ汁、ポンカン、牛乳でした。先週の節分には小学部に大きな赤鬼がやってきました。鬼除けとして教室の入口にいわしの頭を付けたヒイラギの枝を飾ってあるところもありましたね。トゲトゲのヒイラギの葉も傷みやすいいわしの頭も鬼の嫌うところです。そんないわしには体によい成分が多く含まれます。今日はすり身でつみれ汁を作りました。

2月8日(木)

 献立は、五目焼きビーフン、さつまいもと大豆のじゃこ炒め、もずくスープ、牛乳でした。昨日はホタテ給食を食べていかがでしたでしょうか。バターじょうゆ焼きとホタテごはんにしましたが、チャンスがあれば他の料理方法でも食べてみたいものです。ところで、ホタテをいただいた八雲町が北海道のどこにあるのか知っていますか? ぜひ地図で調べてみてください。

2月7日(水)

 献立は、ホタテごはん、ホタテ端バターじょうゆ焼き、白和え、牛乳でした。今日はサプライズメニューです。北海道の八雲町から無償提供されたホタテの貝柱を一人分3個使いました。1個はホタテごはんに、2個はバターじょうゆ焼きにしました。水産物輸出が難しくなった情勢により行き場をなくした貝柱を学校給食に提供いただける事業があり、本校にもいただけることになりました。八雲町は渡島半島のほぼ中央、太平洋と日本海を持つ漁業や酪農が盛んな地域です。ホタテのレシピもいろいろ紹介していただきました。給食室で相談した結果、本日の献立となりました。感謝して味わってほしいと思います。

2月6日(火)

 献立は、ごはん、中華風豆腐の五目煮、黒ごま和え、ポンカン、牛乳でした。昨日はお昼頃から夜遅くまで雪がたくさん降りました。今朝は登校時刻が少し遅くなりましたが、朝ごはんは食べてきたでしょうか。朝ごはんは、脳と体を目覚めさせるスイッチの役です。そしてスイッチがきちんと働くには、主食と副食でバランスよく栄養を摂ることが大切です。

2月5日(月)

 献立は、ハヤシライス、豆まめサラダ、ヨーグルト、牛乳でした。節分にちなんで豆を使った料理を紹介します。今日は豆まめサラダです。大豆と金時豆、白手亡豆、枝豆、ホールコーンなどが入っています。大豆は脂質とたんぱく質を多く含む豆、金時豆や白手亡豆はいんげん豆の仲間で炭水化物とたんぱく質を多く含みます。また、1月の給食週間にいただいた児童生徒の作品を食堂に掲示しました。ありがとうございました。